岩手県 武将

岩手県の戦国武将が全く出てこない件

岩手県に元々居た戦国武将って一体誰なのか、謎ですね。

 

日本史よりも世界史の方が得意なので更に謎です。

 

そもそも東北の戦国武将って伊達政宗しか知りません。他の地域って誰がいるんだろ…。

 

特に岩手は謎です。

 

最も有名なのは九戸氏?

そこでちょっと調べたところ、九戸氏が最も有名な武将のようです。

 

その中でも九戸政実は秀吉の大軍に対抗したことでその勇猛さが語り継がれています。

 

ただ岩手県は元から今のような領地、地域だった訳ではなく、廃藩置県の時も岩手という地名ではなく盛岡県と称していました。

 

またいろいろな小国や武家が乱立していたりして今のような岩手県という地域を領地する武家がハッキリ居ない地域という感じですかね。

 

青森に津軽家、南部家があってその南には伊達家があるというような感じで非常に影が薄いというのが実情だった模様。

 

結局南部家が岩手県ゆかりの戦国武将とする人も多いですし、そういう感じでも良いのかなって思っちゃいました。

 

江戸時代になると盛岡藩の当主はご存知のように南部家ですからまあ岩手と言えば南部家でいいんじゃねえのかなっていう感じです。

 

岩手と言えば藤原氏だろ!

そうですね、岩手といえばやはり1番有名なのが藤原氏です。

 

ただこの人たちは源頼朝に滅ぼされてしまい以後途絶えてしまいます。

 

また武家ではなく豪族で貴族に近いのかなって思いましたね。源頼朝が武家で藤原氏を暴力によって殺害、滅ぼしていることから武家の走りでしょうね。

 

南部家は鎌倉時代まで遡る

岩手の支配者は結局誰なんだと思ったのですが驚くべきことに鎌倉時代に初代南部家が現れます。

 

つまり前述の通り、奥州の藤原家が源頼朝に滅ぼされます。

 

そこから南部家が鎌倉幕府体制の下、この岩手地域の統治を任されるという訳です。

 

ですから鎌倉時代〜室町時代〜安土桃山時代〜江戸時代という長い間、南部家がこの地域を支配してきたと言っても過言ではないでしょう。

 

廃藩置県後は一応、近代国家に日本がなっていくため大名がいなくなるのでここで南部家の支配が終わると言って良いですが東北というのは昔から争いが少ないというか根本的な下剋上が無かったんだなと言えます。

 

あったと言えばやはり関東の荒くれ者である源頼朝が藤原氏を全滅させてしまったことでしょう。

 

これは外部からの革命であり、東北内での下剋上(革命)ではないのです。

 

東北人が穏やかなのは1000年前から…なんていう感じがしました。

 

車買取 岩手